コンデジやデジタル一眼レフなどのカメラを処分する場合には、最初に傷や動作に不具合がないかを確認するようにしましょう。
傷や汚れが激しかったり、起動しなかったりシャッターを押しても撮影までタイムログがあるような場合は、破棄しなければいけなくなります。

そういった不具合がない場合には、カメラの買取サービスを行っているショップに買取ってもらうことが出来ます。
買い取ってもらうモデルにもよりますが、中にはかなり高値で買取ってもらった方もいらっしゃいますので、最初から処分ではなくショップに持ち込んでしっかりと査定してもらうようにしましょう。

査定してもらう場合も、破棄する場合にも重要になるのがデータの削除です。
特にメモリカードは絶対に取り外しておきましょう。
メモリカードには個人情報が満載です。
犯罪に使用されるリスクもありますのでしっかりと取り出すようにしてください。

カメラを処分する前にやっておきたいことはカメラドクターのサイトに書いてありました。

また、合わせてカメラ本体に残っているデータの消去も行いましょう。
特に個人情報を入力しているようなモデルの場合には、思い切って初期化をしてから処分する必要があります。
以外に忘れてしまいがちなポイントですので、処分を決めたら最初に行うように注意してください。