高齢になれば歯を失っていくのは避けられないことかもしれません。
歯を失った場合、入歯などで対応できますけど、自分の歯とは違いますから違和感を感じると共に、柔らかい食事中心になる事で偏食になりがちです。
食べにくくなると咀嚼回数も減りがちですから、栄養吸収の面でも問題がありますし、唾液の分泌が減ることによって、口腔内の衛生状態が低下してしまいます。
健康な歯を維持することは、食事を楽しめる事にもつながりますし、健康維持にも関係します。
歯の治療だけでなく、歯の健康を維持する予防に力を入れているのが、武蔵中原の中林デンタルケアークリニックの歯医者さんたちです。
子供の虫歯の治療から大人の歯の治療も行なっていますし、高齢者が歯を失う原因となる歯周病治療も行なっています。
健康維持するためには、定期的に歯の状態を検査する事も必要ですし、入れ歯などの場合、加齢によって変化する口腔環境にあっているかどうかを検査する事も大切です。