現在の社会において閉塞感を感じる人は少なくない。
その一因として国内の経済状態が良くないように感じられることが挙げられる。
そしてその評価を感じるまま精神的に追い詰められる人も出てくる。
経済的な満足を得られないことと自分の幸福度が相関していると思う人が増えてくるのだ。
しかし自分の幸福度を経済的な社会の評価に任せるのは間違いである。
幸福度を創造しているのはあくまでも自分自身の精神である。
そういった中で注目されるのは心理カウンセラーという存在である。
心理カウンセラーは心理学を学んだプロであり、精神的にクライアントをコーチングしていく立場の専門家である。
彼らは人々を真の自由に導いてくれる人たちだと言っても過言ではない。
まず一般大衆がこの世の中に閉塞感を感じているのは、自分自身が世間の価値観に強く影響されているからだと言える。
そのため人々は精神的な充実よりも経済的な充実を求めてしまう傾向に陥る。
しかし自分が幸福であるかどうかを決める決定権は自分自身にある。
自分の心理状態が自分の幸福度を左右するのだ。
心理カウンセラーは人々が自分の価値観を構成するのに寄与する存在である。
そして自分で自分の価値観を構成できた瞬間に、心理的に目の前の闇を切り裂くことができ、満足感を伴った充足を手に入れることができるようになるのである。
したがって本当の自由を手に入れるのには心理カウンセラーの力を借りるのが最も最善の道なのである。