ISOFIX(アイソフィックス)は、今後のチャイルドシートとして活躍するでしょう。
取り付け金具に対して、コネクターを差し込んで固定します。
従来のチャイルドシートといえば、シートベルトタイプが主流でした。
シートベルトは取り付けにやや面倒がありましたが、アイソフィックスでは大幅に軽減しています。
取り付け方法を間違うこともないので、非常に合理的なのです。
チャイルドシートというのは、子供の年齢によって使いかたを変える必要があるのです。
乳児と幼児では装着方法を変えなければなりません。
TAKATAのチャイルドシートは、乳児と幼児に適応した兼用モデルです。
赤ちゃんの体重に応じて、最適な安全性を確保してくれます。
http://www.takata.com/childseat/