MRのお仕事は、医師の方に自社のお薬を使ってもらうように契約をとるお仕事です。
こうしたお仕事をしていくためには、自分のこころを太くしたおく必要があると思います。
といいますのも、MRという営業のお仕事は自分ひとりだけではないのです。
他社のMRの方もいらっしゃいますので、より自分の能力との違いが明確に感じることもあると思います。
医師の方とも人と人との付き合いですので、合うひと合わない人というものがどうしても
でてきます。
そうしたときに、どうして自分はできないんだと悩むよりも、自分とは合わない方なんだなと開き直れる方のほうがより営業に向いているかたと思います。
繊細な気持ちを汲み取ることも大切だと思いますが、ライバル達とはちあわしても気にしない、肝の太さが憧れのMRになるために必要なことですね。