パッチリ二重まぶたの目は、誰もが憧れるもの。
奥二重で悩んでいた私も、その一人でした。
アイプチの存在を知ったのは、高校生のとき。
当時は、白い液をまぶたの上に塗って、プッシャーで押さえ、まぶたをくっつけるというものでした。
慣れるまではものすごく時間がかかり、それが原因で遅刻したことも(笑)
しかし、上手くできるようになって、毎日欠かさずアイプチをしているうちに、
二重のあとがついて、パッチリ二重!とまではいきませんが、
奥二重よりも、だんだん二重まぶたに近づいている感じになりました。
その後、ファーバータイプで二重のクセをつけるアイプチが登場してからは、
今まで以上にパッチリとした目元に変わってきました。
日によっては、アイプチをしなくても二重になる時があります。
アイプチなしの二重の目元を手に入れるには、時間がかかりますが、もちろん、アイプチをしたその日はパッチリ二重なので、モチベーションも維持できますよね!
毎日の努力は必要ですが、その努力は無駄にはなりません!