暗号通貨取引を支えるブロックチェーン

暗号通貨の取引には、一般の通貨における見張り役ともいうべき、中央銀行が存在しません。
それでは何をセキュリティにしているのかというと、ある特定の条件を満たした数値です。
この数値はノンスと呼ばれ、暗号通貨取引において情報のまとまりとなるブロックを作成するときに必要です。
このノンスを見つけるには膨大な計算をする必要があり、まるで金鉱の採掘作業のようだということからマイニングと呼ばれています。
このマイニングに成功すると、新たなブロックがすでにできていたブロックにつながり、ブロックチェーンを作り出します。
その名の通り、各ブロックがチェーン状につながっていることから、一部のブロックの情報を書き換えて不正を行うには、すべてのブロックの数値を書き換える必要があるというわけです。
事実上、すべてのブロックの数値を書き換えるということは不可能と言っていいので、中央銀行のような見張り役がいなくてもデータが改ざんされる恐れがないというのが、暗号通貨が安全に行えることの根拠となっています。
今では暗号通貨取引だけでなく、改ざんが事実上不可能という点に目を留め、さまざまなインフラに活用されようとしているのが、このブロックチェーンの持つテクノロジーというわけです。


新着記事

悩みや考えていることはどういうこと?
30代以降のダイエットにぴったりエルセーヌのセレブレディコース
イベントプロモーションなどの事業を行うフロンティアインターナショナル
Canter vs Fighter

アフターホームの注文住宅とは
箱根駅伝も見える豪華に満喫したい露天風呂付き客室
いろいろと比較してレンタルサーバーを選ぼう
歯の健康を守るなら信頼できる武蔵中原の歯医者
ネットスーパーを便利に活用しています
勉強しておきたいFX用語